上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 ウラジオストック伝道


1996年の9月5日から13日まで、副牧師と一緒に初めてウラジオストックへ伝道に行きました。愈々ロシア大陸への伝道です。

きっかけは、小樽へロシア人伝道に行った時に船員のタブンシーコフ・ワレリー兄弟に遇い、教会に連れてきて聖霊待望をし、洗礼を受けたことに由ります。ワレリー兄弟は英語が上手で、私たちがウラジオストックに伝道に行きたいと話をすると、それならビザの取得の手伝いをしましょうと言ってくれました。

そこでお祈りした上でお願いすると、ワレリー兄弟は役所を回って書類をまとめ、私たちの許に送って下さいました。これでウラジオストックに行く道が開けたとので感謝しました。監督村井スワ先生にお知らせをし、お祈りして頂き、早速、旅行社に行って手続きをしました。ルートは国内線で新潟へ全日空便で行き、新潟からアエロフロート航空でウラジオストックに飛び、ホテルはガスチーニッツア・ウラジオストックにとりました。 当時は、まだロシアに行く人は少なくて、航空運賃も高かったのですが、伝道に行ける喜びで一杯でした。

空港のターミナルに入り、入国手続きを済ませ、荷物を受け取り出口へ行くとワレリー兄弟が迎えてくれ、再会の喜びで固い握手を交わしました。そして自家用車でホテルに連れて行ってくれました。途中の景色や街並みを見て、ロシアに来たのだなと思いました。中心街は3階くらいのヨーロッパ風のビルが立ち並び、住宅街は5,6階建の旧ソビエト時代の国営アパートがずらりと建っていました。

      File0131.jpg  ウラジオストック空港

      File0088.jpg  ウラジオストック駅

ホテルに入って手続きをし、1週間分の宿泊代を前払いしたが、結構高額で短期はともかく長期の宿泊は無理かなと思いました。強行軍で来たのでお腹が空いてたまりません。時間も大分過ぎていてレストランがはどこにあるのかわからず、ワレリー兄弟が「水餃子ならあると言っています」と言うので頼みました。間もなく出てきたののは、壺のような形をした瀬戸物に文字通り水と十数個の丸い小さな餃子が入った単品でした。つけダレはありません。これをスプーンで掬って口に運ぶのです。 後日ワレリー兄弟の家に招かれて奥様が腕を振るった美味しいロシア料理を頂いたのですが、ウラジオストック伝道を思い出すごとに、最初に食べた「水餃子」のことが思い浮かびます。

翌6日は、95年7月に小樽で救われたアクベルジン・リュードミラ姉妹の家に招かれました。姉妹の神癒祈祷をしい、息子のデニス兄弟の聖霊待望をしました。その後姉妹は市内見物に行きましょうと港に案内してくれました。ホテルに戻ると92年10月に救われたアルカジー兄弟が尋ねてきました。これらの人たちには日本から訪問計画をはがきで知らせておいたのです。

3日目は安息日礼拝をホテルの部屋で行いました。ドミトリ兄弟が息子を連れてこられ、4人で礼拝をしたあと、自宅に招かれました。午後は、ホテルの近くのサクラ・モーリエで海岸伝道をし、二人の兄弟方に水と霊を施しました。帰り道でロシア語の聖書を買いました。

      File0130.jpg サクラ・モーリエ 

      File0123.jpg 洗礼式

4日目は、港の対岸へ湾岸沿いに行きました。行きはタクシーで、帰りはフェリーに乗りました。通勤に使われている大きな渡し船の感じです。(今はこれに代わって、立派な橋が架けられています)。舟を降りてバクザール(市場)やウラジオストック駅、郵便局などを回って、アエロフロートの支店で帰りの便の予約をしました。この時、窓口で何と言おうかと予めロシア語で文章を作っておいたのですが、いざとなるともたついて上手くロシア語が出てきません。するとすぐ後ろのロシア人が流暢な日本語で話しかけてきたのでびっくりしました。そして窓口の係り員に通訳をしてくれたのです。正に神様の助けだ!と思い感謝しました。スパシーバ!

File0124_e.jpg
                    ウラジオストック港のビューポイントから
 
File0125_e.jpg
                     対岸からのフェリー船上で

5日目は訪ねてくる人がいなくて、ホテルで祈っていました。伝道にはこういう日もあります。

6日目は、ナオトカに行く国道の途中にあるボリショイ・カーメンに行きました。ここから小樽に来ている船もあるのです。ホテルで運転手付きの車をチャーターし、田園風景を眺めながら走りました。1時間余でボリショイ・カーメンの市内に入り、着いた所は税関でした。

車を降りて歩いていると、中から婦人警官が現れ、署長室に連れて行かれました。不審者と思われたらしく、「どこから何の目的で来たのか」と問われ、パスポートとビザの提示を求めれました。どうやら書類上ここに来ることは許可されていないようでした。話が難しくなってきたので「そこにロシア人の運転手がいるから聞いてほしい」言いました。婦人警官と運転手が話し合って話が付いたようです。互いに「ダスビダーニア」(さようなら)と挨拶を交わしました。伝道することが許可されたのです。ハラショー(すばらしい)! 再び車に乗り、数隻の船が停泊している埠頭にいって伝道することができました。日帰りでウラジオストックに戻り、夜はアンドレー兄弟の家に行きました。

File0127.jpg File0134.jpg
            ボリショイ・カーメン市内

7日目はサクラ・モーリエで伝道し5人の兄弟が聖霊と洗礼を受け、感謝でした。その夜、ワレリー兄弟の家に招かれ、奥さんのターニア、お子さんのスビエータ、サーシャ、友人のビクトル兄弟、ラリーサ姉妹とお子さん方が集い、霊讃歌30番をロシア語(私訳)で歌い、お祈りをし、聖霊待望会をしました。ワレリー兄弟は「私の教会は、札幌です。朝晩ハレルヤとお祈りしています」と言いました。

そして8日目ワレリー兄弟が空港まで送ってくださり、ウラジオストック航空で新潟に戻り、一泊して帰宅しました。

    File0129.jpg
               ワレリー兄弟(右)ご一家と友人たち

次回は、ナオトカにも行きたいと思うことと、予め連絡を取ることが必要と思いました。



スポンサーサイト
2015.06.17 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。